英語勉強法

ABCから学べる英語 キャリバン英語Caliban English
サイトマップ 

>勉強法
 
ここでは最も効率的に英語を勉強できる方法について解説します。

忠実に実行すれば、
英検1級レベルまで能力を高めることができますので、
すべてのEnglish愛好者に一読をお奨めします。

究極の勉強法

First step:5文型を覚える

英語勉強の最初のつまづきは、
英単語を覚えようとすることにあります。

単語を覚えようと一生懸命になるあまり、
基本である英文そのものを忘れて、
英単語学習に走るのは愚の骨頂です。

英単語を覚える前に、
5文型の例文を完璧に覚えてください。

単語はその後で覚えるようにしてください。

英文には、動詞の種類によって5つの基本文型があります

どんなに長く複雑な英文も、
修飾語句を取りのぞいたりすると、
この5つの文型のどれかに必ずあてはまります。

一見すると、
どうしようもなく長くて複雑な構文の英文も、
5つの文型のどれかになっているのです。

この規則には例外はありません。

このことは非常に重要です。

英文は、必ず構文の把握ができるのです。
5文型の知識があれば。

私たちが見聞きする英文は、
すべてこの5文型に属しますので、
この5文型の文とはどういったものなのかが理解されていないと、
中級や上級はもちろん、
初級の英語さえわからない、
できないということになってしまいます。





語学の勉強は単語に始まり単語に終わるということは真実ですが、
それは5つの文型を理解した上でのことであって、
基本文の理解もできていない場合は、
5文型の方が優先されるのです。

5文型とはどのようなものかは、
サイト内の英語5文型で確認してください。

Second step:英単語英熟語を例文付きで覚える

5文型のパターンが完璧に理解できたら、
後は語彙を増やす作業にまい進です。

この段階でこそ、
語学は単語、語学は語彙という言葉が意味を持ちます。

この段階では、
ただひたすらに英単語英熟語の例文を覚えまくってください。

覚えた数が多いほど、
また、覚える数が増えるにしたがって、
英語の実力や試験の点数・偏差値が上がってきます。

まさに、
No doubt about it.(間違いなし)
の世界となります。

英文を覚えていく際には、
英文の意味を理解した上で覚える
ようにしてください。





同じ英文、あるいは同種の英文は、
正確に訳すことができるようにしておくということです。

このことは、完璧を期すようにしてください。

あるものは正確に訳せるが、
よくわからないものもあるでは、
役に立ちません。

中途はんぱは、
まったくやらないに等しい場合もあります。
やるときは徹底的にやれということです。

このことは勉強だけではなく、
他のことでもいえます。

やったつもり、あるいは、やっているつもり。

しかし、実際には、
何事にも中途半端で、役に立たない、
ものにならない。

こういうことは避けたいものです。

また、覚えた例文は、
正確に書けるようにしておく必要もあります。

綴りのむずかしい単語には、
とくに注意が必要です。

例文は音声付きの教材で勉強するのが最適です。





耳から入った英文は記憶の定着率が高いということもありますが、
CD等でくり返し英文を聞くことでリスニングの勉強や訓練にもなるからです。

また、話せない英語は役に立ちませんので、
音声を聞きながらCDの発音を真似て話してみることも必要です。

実際に話してみないと、
いつまでたっても話せるようにはならないからです。

会話においても、
習うより慣れろ。
これを実践するのが正解であり、
賢明なことなのです。

どのくらいの英単語が必要であるのかは、
学年や実力のレベルによって異なります。

おおまかな目安としては、
高校受験では2000語程度、
大学受験で6000語~10000語、
英検1級レベルで1万5,6千語程度。

このあたりの数字を参考にしてもらえばいいのではないかと思います。

ただし、語彙数は多ければ多いほどいいというのが本当のところであります。

英語ができるかどうかは、
この段階までで決まりますので、
First step, Second stepに全精力を傾けるつもりで勉強しましょう。

聞きまくり覚えまくり、話しまくる。

これが英会話も含めた究極の(ultimate)上達法です。





Third step:英文法を確認する

この段階は、
人によっては省略することも可能です。

その理由は、
5文型と英単語英熟語が申し分なく消化できていれば、
必要とされる英文法の重要事項はほぼすべて自然に理解されていると考えられるからです。

英文法を覚えるではなくて、
英文法を確認するとしたのは、
この理由によります。

英文法は、
英文を正しく理解し、
まちがいのない英文を書くために必要なものであって、
文法のために英語が嫌いになるというようなことは、あってはならないものです。

中学生レベルでは、
英文法の知識は絶大であり、
得点や成績に直結しますが、
どうしても難解な文法用語を含む英文法にはなじめないという場合は、
文法は後まわしでもいいのです。

5文型や英単語英熟語を覚えていく過程で、
自然に英文法の知識も習得できていくからです。

英語の力がある一定レベルまで達すると、
このことが真実であるということが、
しみじみと分かるようになります。

本当の意味でハイレベルに達している人は、
英文法の知識も半端ではありません。

このことも自信を持って断言できます。


例文で覚える中学英単語・熟語1800 


DUO 3.0  


全解説頻出英文法・語法問題1000 


総合英語Forest  


世界一わかりやすい英文法の授業 


全解説英文法・語法問題1000






キャリバン英語


キャリバン(Caliban)とは


レベル診断


中学レベル解答


英検1級レベル解答


高校生レベル解答


小学生レベル解答


できない理由


英語の花道


得点源として


勉強法


発音マスター


5文型



英文法


リスニング


英文速読


語彙増強


長文


学校の英語


英語偏差値


TOEIC(トーイック)


英検(英語検定)


映画で


YouTubeで


シェイクスピア


チャールズ・ディケンズ


バートランド・ラッセル


ビートルズ


英語と米語


英会話


オンライン英会話


個人レッスン


実践英会話


サイトマップ


nuruhachi


Mail




英語の勉強法で確実に上達する人


 Copyright © 2013-2019
 All Rights Reserved.