シェイクスピア

ABCから学べる英語 キャリバン英語Caliban English
サイトマップ 

> >シェイクスピア
Calibanに敬意を表して、シェイクスピアの英語について簡単に触れます。

ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年)は、16世紀から17世紀初頭にかけての人物です。

約400年前の人ですので、
シェイクスピアの英語は現代のものとは異なる部分も多々あります。

とくにthouとかhastといった古語が使われているため、初めて読む人にはかなりの違和感があるかも知れません。

しかし、いくら古いといっても,
シェイクスピアも同じ英語ですので、
読解力のある人にとっては、
それほど苦労せずに読むことができると思います。

倒置形とか省略が多用されていますので、
英語の感性を磨くという点では大いに役立つと思いますが、
例えば、英会話の勉強のためとか、学校の試験のために勉強するとか、
そういった意味でシェイクスピアを利用しようと考えるならば、
それはやや的はずれな考えでしょう。





シェイクスピアは、
基本的には、あくまでも教養のための英語であるというのが正解だと思います。

教養としてのシェイクスピアの英語の中にも、
勉強や人生の指針として役立つものもありますので、
いくつか掲げておくことにします。

If it were done when 'tis done, then 'twere well
It were done quickly.
(マクベス)
(やってしまってそれで事が済むなら、早くやってしまった方がいい)

The night is long that never finds the day.(マクベス)
(どんなに長い夜にも必ず夜明けが来る)

A horse, a horse ! My kingdom for a horse !(リチャード3世)
(馬だ、馬を1頭よこせ!代わりに俺の王国をくれてやる!)

Cowards die many times before their deaths;
The valiant never taste of death but once.
(ジュリアスシーザー)
(臆病者は死ぬ前に何度も死ぬ。勇者が死ぬのはただの一度だけ)





Not that I loved Caesar less, but that I loved Rome more.(ジュリアスシーザー)
(私がカエサルを愛さなかったわけではない。ローマの方をより愛したのだ)

Life is as tedious as a twice-told tale.(ジョン王)
(人生は二度聞かせられる話のように退屈なものだ)

The fool doth think he is wise,
but the wise man knows himself to be a fool.
(お気に召すまま)
(馬鹿者は己を賢いと思うが、賢い者は己が馬鹿者であることを知っている)

The worst is not, So long as we can say, ‘This is the worst.’.(リア王)
(「これは最悪だ」などと言えるうちは、本当の最悪ではない)

The miserable have no other medicine but only hope.(尺には尺を)
(不幸に処方する薬は希望しかない)

We are such stuff as dreams are made on,
and our little life is rounded with a sleep.
(テンペスト)
(人間は夢のような存在だ。はかない命も眠りとともに終わる)


シェイクスピア大全 CD-ROM版  ザ・シェークスピア―全戯曲(全原文+全訳)全一冊





キャリバン英語


キャリバン(Caliban)とは


レベル診断


中学レベル解答


英検1級レベル解答


高校生レベル解答


小学生レベル解答


できない理由


英語の花道


得点源として


勉強法


発音マスター


5文型



英文法


リスニング


英文速読


語彙増強


長文


学校の英語


英語偏差値


TOEIC(トーイック)


英検(英語検定)


映画で


YouTubeで


シェイクスピア


チャールズ・ディケンズ


バートランド・ラッセル


ビートルズ


英語と米語


英会話


オンライン英会話


個人レッスン


実践英会話


サイトマップ


nuruhachi


Mail



The Complete Works of William Shakespeare 

BBC History - William Shakespeare 

 Copyright © 2013-2019
 All Rights Reserved.