得点源としての英語

ABCから学べる英語 キャリバン英語Caliban English
サイトマップ 

> >得点源としての英語
 
学校の試験や入学試験、会社の入社試験や資格試験でも、
英語は点の取れる得点源です。

この得点源をうまく活用できる人に、人生や社会における勝者への道が開けます。

「英語偏差値」のところでも触れましたが、
この科目はひとたび学力がついてしまえば、
安定した成績を残すことができます。
いわゆる好不調の波、成績の乱高下が少ない科目です。

ですから、得意な人はいつも高得点・好成績であり続けます。
文字通り、得点源そのものとなります。

これに反して、
この科目を不得意とする人は、
いつまでたっても満足な得点ができず、
点数とにらめっこをして憂鬱な気分になるのです。

こちらの場合は、
得点源どころか悩みの種(pain in the neck)でしかありません。

こういった不得意組の人は、
心機一転の再スタート(restart)です。

もう一度、勉強を初めからやり直しましょう。
正しい賢明な勉強方法で。





高校以降、英語と名の付く試験で苦い思いをしたことはありません。
たった一度の例外を除いて。
この一度の例外も、
読書中心の勉強だったため、
英検1級の二次試験のスピーチに対応できないというものでした。

このたった一度の躓きさえも、
二回目の二次試験では難なく克服することができました。

この科目は、試験を受けるのが楽しみでした。
学校の試験も予備校の模擬試験も。
楽にいい点が取れる科目だったから。
試験科目の中でも、まさに得点源そのものでした。

得意でない人にとっては嫌味(sarcasm)に聞こえるかも知れませんが、
これが正直な感想です。
この科目はまさに得点源でした。
楽に高得点を取ることができる、
宝の山(treasure trove)のような存在でした。

この言語が得意な人は、
たいていの人が、似たり寄ったりの感想だと思います。





できてあたりまえの学科、高偏差値・高得点が約束されている科目。
それが、得点源としての英語なのです。

なぜ点が取りやすいかといえば、
それに対する答えは簡単明瞭(clear and concise)です。
出る問題が決まっているからです。

ですから、試験に出そうな問題や英単語・英熟語、あるいは英文法や長文問題、リスニング、こういったものの勉強を一つ一つ地道にこなしていけばいいわけです。
その積み重ねが、ついには得点源として姿を現すのです。

口で言うのは簡単ですが、
これらの勉強にはかなり時間がかかります。

しかし、勉強方法を工夫すれば、
最小努力で最大の効果が得られるのが語学の勉強でもあります。

キャリバン英語や偏差値82.1勉強法の中で解説している勉強の仕方。
これらを実行に移せば、
必ず英語が貴重な得点源となることを確信しています。

長い人生を考えれば、
得点源としての英語は一生の宝です。

この宝を持っているのか、いないのか。
この違いで、私たちの人生は大きく変わります。

英語は人生の成功者へのパスポートです。
早めに獲得した人に、
実社会での勝利と栄光が待っています。


例文で覚える中学英単語・熟語1800  英単語ターゲット1900 5訂版  ALL IN ONE






キャリバン英語


キャリバン(Caliban)とは


レベル診断


中学レベル解答


英検1級レベル解答


高校生レベル解答


小学生レベル解答


できない理由


英語の花道


得点源として


勉強法


発音マスター


5文型



英文法


リスニング


英文速読


語彙増強


長文


学校の英語


英語偏差値


TOEIC(トーイック)


英検(英語検定)


映画で


YouTubeで


シェイクスピア


チャールズ・ディケンズ


バートランド・ラッセル


ビートルズ


英語と米語


英会話


オンライン英会話


個人レッスン


実践英会話


サイトマップ


nuruhachi


Mail



 Copyright © 2013-2019
 All Rights Reserved.